設計事務所とハウスメーカーの違い

設計事務所とハウスメーカーの違い

設計事務所とハウスメーカーの違い 家を建てる際に多くの人が迷うポイントとして、どこに依頼するかという問題があります。まず考えられるのはハウスメーカーではないでしょうか。しかし、最近ではテレビ番組の影響もあって設計事務所に依頼するケースも増えています。ではこれらを比較した場合、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まずハウスメーカーに依頼した際のメリットとしては、おおまかな部分が決まった仕様であるため、家作りの手間が省けることでしょう。基本仕様をまず決めて細かなオプションを加えていく、という比較的簡素化された手順で家づくりが進んでいくので安心感があります。しかし、その反面、個性を活かしたオリジナリティのある家づくりには向いておらず、また広告費などの費用が加算されるので割高になる傾向があります。
これに対して設計事務所に依頼する場合は、位置から設計していくのでそれなりの手間と時間がかかります。しかし、家作りにこだわりのある人や予算に合わせた自分たちの生活によりマッチした家つくりをしたい人には設計事務所に依頼したほうがいいでしょう。また広告費などの負担はありませんが、建築費とは別に設計料がかかります。このように両者の間には違いがありますが、まずは自分の価値観をしっかりと見極め、何を最優先するかによって、自分にあった方法で家を建てることが大切です。

設計事務所と工務店の違いとは?

設計事務所と工務店の違いとは? 住宅建築を担う業者は大きく分けて大手のハウスメーカー、地域の工務店、設計事務所の3つがあります。
全国展開するようなハウスメーカーが手がけている住宅は規格住宅と呼ばれ、同一規格の建材を大量生産し、地域の下請け会社が施工します。施工主は壁紙や照明を選んだり、間取りを一部変更したりすることは可能ですが、自由度は限定的です。
一方、施工主の希望に沿った自由度の高い注文住宅を建るのであれば、設計事務所が有力候補になるはずです。デザインや間取り、使用する建材など細部まで施工主の希望に沿って設計をしてくれます。建設は下請けが行いますが、工事の進行状況も監理してくれます。その分、建築費に加えて設計費や監理費が上乗せされるので、工事費全体は高くなってしまいます
。近年は注文住宅に対応している工務店もあります。会社によって規模や特徴、得意、不得意などにかなりの違いがありますので、それらの違いを十分に見極めることがポイントです。