育児から職場復帰は可能?

育児から職場復帰は可能?

育児から職場復帰は可能? 最近では、主婦の育児からの職場復帰が増えてきています。実際今までやったことの無い分野に再就職をするのはハードルが高いですが、一度設計事務所に働いていた主婦の場合では、また設計事務所に職場復帰するケースが多くあります。特殊な業務ですので、なかなか専門性が身につきにくい職種で人手不足のケースが多いので、受け入れられている要因です。
設計事務所の業務の中でもたくさんのパートに分かれていて、顧客の前に出て建築士やコーディネーターの様な職種からCADを利用した図面を事務所内で書く職種も存在します。まずは、CADのオペレーター業務で職場復帰を経験して、ある程度業務に慣れてきたら顧客の前に出る職種をやって行くこともできます。また事務所の雇用スタンスにもよりますが、時短制度や有休制度などを活用して育児でのトラブルにも対応することが出来ます。この様に育児から職場復帰をしている女性は沢山いますのでまずは、パートや契約社員から始める方法もおすすめです。

一度設計事務所に就職して辞めた後に職場復帰したい場合

一度設計事務所に就職して辞めた後に職場復帰したい場合 一度設計事務所に就職して、妊娠・出産や体調不良などで一度職場を離れることがあります。状況が落ち着いたらまた働きたいと思っている場合には、受け入れてくれるところがあるかがとても気になるところです。
働き口を探す時には、経験者優遇などと書かれている条件の中に職場復帰をする人も歓迎と記載されている企業を選ぶのがポイントです。復帰をする上でブランクがどう見られるのかが非常に気になりますので、ブランクがあっても好意的に受け入れてくれるような職場を探すのがおすすめであり、求人情報に記載されているくらいですからスムーズな受け入れ態勢が整っていると考えられます。
設計事務所は専門的な分野の仕事をするところですので、経験者が優遇されるという点では他の専門職と全く変わりません。ですから、以前にその関連の仕事に就いていた人なら、たとえブランクがあったとしても受け入れて即戦力になって欲しいと考える起業が多いようです。